鎌先温泉

英語と旅行のプチガイド

鎌先温泉

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>温泉プチガイド>東北の温泉>鎌先温泉
鎌先温泉
宮城県の南蔵王山麓にある鎌先温泉は昔ながらの湯治場の雰囲気を残す山間の温泉地です。

正長元年(1428年)開湯の温泉ですので480年もの歴史を持つ温泉です。草刈をしていた地元に人が釜の先で偶然掘り当てたことからこの名がついたという話です。伊達藩の藩主も利用したという由緒ある温泉です。

泉質は弱食塩泉で、外傷、打ち身、火傷、動脈硬化症、慢性便秘症、胃腸病、皮膚病、糖尿病などによいとされており、奥州の薬湯として知られる温泉です。

近くに「弥治郎こけし村」があり、絵付け体験ができるそうです。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.