タスマニア原生地帯

英語と旅行のプチガイド

タスマニア原生地帯

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>オセアニア>タスマニア原生地帯
タスマニア原生地帯
オーストラリアンの南に浮かぶ島タスマニアの原生地帯は1982年に世界遺産に登録された自然遺産と文化遺産の複合遺産です。

独特の生態系をもつことでよく知られているタスマニアですが、世界遺産に登録されている原生地帯は島の南西部にある5つの国立公園の地域を指します。

この原生地帯の特徴としては、険しい斜面や数多くの氷河湖などの氷河地形が多く見られること、偏西風のもたらす雨により生育した古代の生態系を維持する森林が存在すること、オーストラリア大陸から分裂して以降独特の進化を遂げた固有の動物達が多く棲息することなどがあげられます。

そしてあまり知られていませんが、このタスマニアには3万1000年前からタスマニア・アボリジニと呼ばれる人々が住んでいました。多くの岩面画を残した彼らは、19世紀初頭にこの地に入植したイギリス人により迫害され、1876年に最後の純血人が死亡し、絶滅しました。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.