ボロブドゥール 遺跡

英語と旅行のプチガイド

ボロブドゥール遺跡

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>アジア・中東>ボロブドゥール遺跡
ボロブドゥール遺跡
インドネシア・ジャワ島にあるボロブドゥールの仏教寺院群は1991年に世界遺産に登録された文化遺産です。

ボロブドゥールの寺院は770年ごろから820年ごろにかけてシャイレンドラ朝により建設されたものですが、その後の王朝がヒンドゥー教国家であったため放棄され、それが幸いして殆ど当時の姿のままで19世紀に発見されました。

寺院全体の構造が曼荼羅そのものを表しており、基壇、方壇、円壇という3段構えの構造が「欲界」「色界」「無色界」の仏教三界を示しているという世界的にも例がない珍しい寺院です。

さらにこの寺院は中には入れず、参拝するのではなくて右回りに上に登っていくことで悟りの境地へと到達できるように設計されているという点も極めて特殊な寺院です。

近くにあるパウォン寺院、ムンドゥ寺院もあわせて世界遺産に登録されています。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.