峨眉山 楽山大仏

英語と旅行のプチガイド

峨眉山と楽山大仏

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>アジア・中東>峨眉山と楽山大仏
峨眉山と楽山大仏
中国の峨眉山と楽山大仏は19968年に世界遺産に登録された自然遺産と文化遺産の複合遺産です。

峨眉山は中国仏教の四大名山の一つといわれる山で、最盛期には100近い寺が建てられた神聖な場所です。
また、楽山大仏は峨眉山のから20kmほど離れた凌雲山の西壁に彫られた仏像(このような山や丘陵の岸壁に彫刻された仏像を摩崖仏といいます)で、高さ71m。座高28mという世界最大の摩崖仏です。

周囲の自然も比較的良好に保たれており、レッサーパンダなどの絶滅危惧種も生息しています。
自然遺産も文化遺産も高い価値があるとして複合資産に登録されています。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.