ラホール城

英語と旅行のプチガイド

ラホール城

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>アジア・中東>ラホール城
ラホール城
パキスタンのラホール城とシャーラマール庭園は1981年に世界遺産に登録された文化遺産です。

ムガール帝国の第3代皇帝アクバルが建設に着手し、歴代の皇帝が改築、増築していった歴史ある城ですが、中でも第5代皇帝シャー・ジャハーンの改築は豪華で贅を極めたものでした。「40本柱の間」や「真珠モスク」など白大理石をふんだんに使用した宮殿に改築し、妃の寝室は鏡のモザイクで埋め尽くされた豪華なものになりました。
このシャー・ジャハーン帝は後に、妃の死を悼んでタージ・マハールも建造しています。皇帝の妃に対する思い入れは相当なものだったと想像されますね。

シャーラマール庭園はペルシア式の優雅な庭園ですが、道路建設により給水設備が破壊され、2000年に危機遺産に登録されています。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.