モヘンジョ・ダロ

英語と旅行のプチガイド

モヘンジョ・ダロの考古遺跡

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>アジア・中東>モヘンジョ・ダロの考古遺跡
モヘンジョ・ダロの考古遺跡
パキスタン南部にあるモヘンジョ・ダロの考古遺跡は1980年に世界遺産に登録された文化遺産です。

このモヘンジョ・ダロの遺跡は紀元前2300年頃に栄えた都市遺跡で、世界四大文明の一つインダス文明を代表する遺跡です。
モヘンジョ・ダロは高度な計画都市であり、西側に城塞地区、東側に市街地区が配されていて、城塞地区には大沐浴場や穀物倉庫、集会所などの建物があります。他の文明と違い、王宮や神殿などは見つかっていないことからインダス文明には強大な権力者はいなかったといわれています。ほとんどの住居から浴室と井戸、トイレが見つかっており、高度な衛星管理技術があったことが認められています。

モヘンジョ・ダロの遺跡は同じインダス文明の遺跡であるハラッパと比べるとはるかに保存状態がよいのですが、近年は塩害により危機にさらされているといわれています。また、広大なモヘンジョ・ダロの遺跡はまだ全体の10分の1程度しか発掘されていないといわれており、更なる研究・調査が期待されます。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.