ジェンネ旧市街

英語と旅行のプチガイド

ジェンネの旧市街

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>アフリカ>ジェンネの旧市街
ジェンネの旧市街
マリ共和国の南部に位置するジェンネの旧市街は1988年に世界遺産に登録された文化遺産です。

アラビア語で「天国」を意味するジェンネの町は13世紀末ごろから発展し、14世紀から16世紀にかけて水運の拠点として最盛期を迎えました。

イスラム教普及の中心地としても繁栄したこの町には「スーダン様式」といわれる様式で建てられた大モスクがあります。このスーダン様式はヤシ材で骨組みを作り、日干し煉瓦を積み上げ、表面を泥で塗り固めて造るもので、14世紀以降、サハラ砂漠一体に広まった様式です。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.