レプティス・マグナ

英語と旅行のプチガイド

レプティス・マグナの考古遺跡

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>アフリカ>レプティス・マグナの考古遺跡
レプティス・マグナの考古遺跡
リビアのレプティス・マグナの考古遺跡は1982年に世界遺産に登録された文化遺産です。

レプティス・マグナは首都トリポリから東へ100kmほど行ったところにある町で、ローマ時代に発達した港湾都市です。長い間砂の中に眠っていたため保存状態が良く、ローマの植民市としてはアフリカ最大の遺跡です。

2世紀末から3世紀にかけてのセプティミウス・セウェルス帝の時代に最盛期を迎えてたが、7世紀にアラブ軍に破壊され、砂に埋もれたといわれています。

セウェルス帝の凱旋門やハドリアヌス帝の浴場、バシリカと呼ばれる集会所などがあります。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.