世界遺産 奈良

英語と旅行のプチガイド

世界遺産 奈良

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>日本の世界遺産>世界遺産 奈良
世界遺産 奈良
古都奈良の文化財は1998年に世界遺産に登録されました。登録対象となっているのは奈良市街を囲むように点在する8物件および緩衝地帯で、具体的には東大寺、興福寺、元興寺、薬師寺、唐招提寺、春日大社、春日山原始林、平城宮跡の8つです。

平城京は710年から784年までのわずか74年という短い期間ですので、歴史の舞台にはあまり出てきませんが、これら8つの物件はいずれも平城京時代の遺跡として当時の様子を伝えています。
東大寺の大仏はあまりに有名ですし、興福寺は藤原不比等が藤原京から移築した寺院で藤原氏の栄華を示すものとされており、元興寺は蘇我馬子が建てた飛鳥寺を移築したものです。薬師寺は遺産価値が高く、唐招提寺は唐から来た名僧鑑真が建てたものです。春日大社は藤原氏ゆかりの春日造りの神社。春日山原始林は自然崇拝という日本人の宗教観を表す天然林とされています。平城宮跡は考古学資料として価値があります。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.