世界遺産 屋久島

英語と旅行のプチガイド

世界遺産 屋久島

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>日本の世界遺産>世界遺産 屋久島
世界遺産 屋久島
鹿児島県から南に130kmのところにある屋久島は1993年に世界遺産に登録された自然遺産です。

屋久島は東京都の4分の1ほどの面積しかない小さな島ですが、標高1800mを超える山が7つもあり、その高低差により亜熱帯から亜寒帯までの様々な植生が垂直的に分布している地球上でも大変貴重な例です。また、樹齢1000年を超える屋久杉が2000本以上もあり、屋久島の大きな特徴となっています。

屋久島には1900種以上の植物、約1900種の昆虫、150種の鳥類、16種の哺乳類などが確認されており、絶滅の危機にあるアカヒゲやアカコッコなどの珍しい鳥類も棲息しています。海岸線にはウミガメが産卵に訪れ、高地には屋久島固有のヤクザルやヤクシカなどの希少種が暮らす野生動物の楽園です。

屋久島の杉は16世紀から20世紀初頭にかけて伐採が続けられ、一部には禿山と化した部分もあったほどですが、1924年以降は保護する動きが始まり、現在は一切の伐採が禁じられています。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.