世界遺産 白神山地

英語と旅行のプチガイド

世界遺産 白神山地

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>世界遺産プチガイド>日本の世界遺産>世界遺産 白神山地
世界遺産 白神山地
秋田県と青森県にまたがる白神山地は1993年に日本初の世界遺産として登録された自然遺産です。白神山地は約1300kuほどありますが、そのうち世界遺産として登録されているのは中心部分の101.39kuと緩衝地帯68.32kuの合計169.71kuです。

白神山地は日本最大のブナの純林が広がる東アジア最後の原生温帯林で、約500種の植物が茂り、動物では幻のキツツキといわれるクマゲラや絶滅が危惧されるイヌワシやクマタカなどを含む鳥類84種、天然記念物のニホンカモシカなど14種の哺乳類などが棲息する野生動植物の宝庫でもあります。

1982年、この地に林道の建設が決まったときに、白神山地の自然を守ろうとする人々が立ち上がり、署名運動などの結果、建設が中止されました。そして、その人々の活動により日本が1992年、世界遺産条約を批准し、白神山地が日本初の世界遺産として登録されたのです。世界遺産について世界の国々から大幅に遅れていた日本が遅ればせながらようやく一歩を踏み出した場所がこの白神山地だったのです。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.