出国手続き

英語と旅行のプチガイド

出国手続き

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>海外旅行プチガイド>海外旅行、いざ出発>出国手続き
出国手続き
空港での出国検査は一昔前に比べて格段に簡単になりました。というのも出国カード・入国カードというものがなくなったからです。

空港に着くとまず、自分の搭乗する航空会社のカウンターへ行き、チェックインを済ませます。チェックインとは座席を確定し、荷物を預ける作業のことです。チェックインカウンターの手前にゲートがあり、預ける荷物の検査があります。といっても簡単な機械に通すだけです。その後カウンターで座席番号の書いたチケットを発行してもらい、荷物を預けます。これでチェックインは終わりです。

次にセキュリティチェックのゲートを通過し、出国ゲートにて出国審査を受けます。出国審査といってもゲートでパスポートと搭乗券を係官に見せるだけです。あっという間に終わります。

出国審査を終えるとあとは自分の搭乗する飛行機の出発ゲートに行って、後は飛行機の搭乗手続きが始まるのを待つばかりです。

なお、高価な宝石やブランド品などを国外に持ち出す場合や100万円以上の現金やT/Cを携行する場合には出国審査の手前の税関で申告する必要がありますが、通常の短期旅行ではほとんど必要がないと思います。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.