英語の歴史

英語と旅行のプチガイド

英語の歴史

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>英語のプチガイド>英語のウンチク>英語の歴史
英語の歴史
英語といえばイギリスの言葉というイメージがあるのですが、実は英語はもともと北ドイツないしはデンマークあたりの言葉であったようです。

5世紀ごろにこの地方に住んでいたアングロサクソン系の人々がブリテン島に進出し、当時住んでいたケルト人をスコットランドやウェールズ地方に追いやって定住するようになったのです。その後、ラテン語や北方のバイキングの言葉と融合しながら現代の英語の基礎が形作られていったようです。
11世紀ごろにはフランス語の影響も強く受け、微妙な意味の違いなども表現できるようになり、ルネサンスを経てギリシア語やラテン語からの語彙も増えていったようです。

そして17世紀以降、イギリスの海外進出にともない、世界に広がっていきました。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.