翻訳技能認定試験とは

英語と旅行のプチガイド

翻訳技能認定試験とは

  《サイト紹介》
   この度は当サイトを訪問いただき、ありがとうございます。
   このサイトでは、英語と旅行をテーマに取り上げ、管理人がこれまでの経験や学習を通じて体得した様々な知識や情報を
   提供しています。
   英語学習のコツや知っておいて得するウンチク、海外旅行の基礎知識や管理人自身の旅行記、さらには世界遺産プチガイドや
   日本全国の温泉プチガイドも作ってみました。
   国内・海外問わず旅行の大好きな方や英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

英語と旅行のプチガイドTOP>英語のプチガイド>英語の資格>翻訳技能認定試験とは
翻訳技能認定試験とは
翻訳技能認定試験は日本翻訳協会が厚生労働省の認可を受けて実施している翻訳の公的資格です。

翻訳系の検定試験の殆どは民間資格なのに比べて公的資格という特徴があり、民間資格が自宅やインターネットで受験できるのに比べて受験地が東京と大阪に限られる点や、持ち込み資料が3冊までと限定されているなどやや堅苦しいイメージはありますが、試験の質は高く、プロの間でも評価は高いようです。

基礎級、4級、3級、2級、1級の5段階のレベルからなっており、受験する分野は4つの分野に分かれています(A分野:文化・芸術・スポーツ、B分野:法律・政治・経済、C分野:工学・化学・科学、D分野:医学・薬学・バイオ)。試験問題は共通知識問題と部門別技能試験問題からなります。5段階の中で、特に2級と1級のハードルは高いようです。


スポンサードリンク
なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 英語と旅行のプチガイド All Rights Reserved.